4/47☆GOROのラン生活☆

オジサンがフルマラソン全国制覇を目指してみます

ジョギングのための遠征かぁ

7月3日(土)にハーフマラソン大会に出場してきました。

RUNNETでおなじみのアールビーズ主催の「SUMMER NIGHT RUN 四日市」です。夏場のマラソン大会なんてクレイジーだし、去年も6月のハーフマラソンで大失速したし、でも、「気温の下がる夜なら気持ちよく走れるんじゃないか」という甘い考えでエントリーしました。

自宅を9時に出て、陸路をゆるゆると進み、四日市のホテルに15時にチェックイン。もう、とにかく暑い・・・。天気予報から、豪雨の中を走る覚悟はしていたけれど、まさかここまで気温が上がるとは思っていませんでした。リレーマラソン等も開催されるイベント会場は、たくさんの人で盛り上がっていますが、自分は暑さと体調不良から、靴紐を縛って立ち上がるだけで立ち眩みがするほどのダメっぷり。18時前のスタート時間が近づいても、気温の下がる気配はなく、じっとしているのに脈拍だけはどんどん上昇していきます(スタート前にすでに120)。

「走りだせば不思議なアドレナリンで何とかなるかも」という淡い期待は無残に打ち砕かれ、案の定レースは、ただただひたすらに辛い21キロでした。完走のためだけに、周回コースをだらだらと。毎日のジョギング程度のスピードなのに「きつい、だるい、早く終われ」とずっと思っていました。夜景を楽しむ余裕なんて一切なく、タイムは110分弱。これまでのハーフマラソンの最遅タイムです。6時間もかけて遠征して、ジョギングしただけ。そんな大会でした。暑い中でも悠然と走り抜けていく多数のランナーに触れ、自分のへなちょこさを思い知らされました。こんなんで、全国制覇が目標とか笑われます。

翌日は伊勢神宮に参拝。外宮から内宮へは当初ウォーキングの予定でしたが、蒸し暑さから、それも回避。おかげ横丁の「ふくすけ」さんで伊勢うどんを食して、そそくさと帰ってきました。21時頃から自宅周囲を軽く4キロだけジョギング。キロ5分の爽快ジョグですが、これが前日には倒れる寸前、地獄のペースだったのですから、「環境や体調でここまで変わるんだ」と改めて認識しました。ということで、今回は、恥ずかしい報告しかできませんでしたが、気合入れなおして、ランニングしていこうと思います。

f:id:BELLOGORO:20210705124553j:image

 

 なお、自分は能天気に旅ランしてまいりましたが、週末の豪雨により被災された方々に、お見舞い申し上げます。