4/47☆GOROのラン生活☆

オジサンがフルマラソン全国制覇を目指してみます

2021-2022シーズンのプラン②

このように考えていた今秋の初戦。

10/31 金沢マラソン(石川県):エントリー完了、抽選結果待ち

10/17 長井マラソン山形県):金沢マラソンが落選なら即エントリー予定

昨日、無事当選しましたので、金沢で確定しました。中2週もあれば、両方走ればいいじゃないかと突っ込まれそうですが、なにしろフルマラソン歴たった一度の赤ん坊ですので、最低でもひと月の間隔は入れながら(それすら不安ですが)慎重にいきたいと思います。

10/31 金沢マラソン(石川県):当選及び入金完了

10/17 長井マラソン山形県:来年以降、必ず参戦!

昨日の夕方以降、SNS上では「金沢当選」の報告が「落選」より圧倒的に多かったので、低倍率だったのだろうと予想していましたが、以下の記事によると、やはり2倍なかったのですね。2019年は定員13,000人で3倍超、今回は定員10,000人で2倍未満ですか。単純計算だと約20,000人ものランナーが「今年はエントリーしない」と判断したわけです。東京マラソンが10月開催ということも多少影響しているかもしれませんが、改めて新型コロナによって生活や社会が激変したことと、マラソンを取り巻く環境や見方が極めて厳しいことを思い知らされました。なお、金沢の抽選結果発表を受けても富山マラソンのエントリーが締め切られる気配がありません。このまま「締め切りまで募集開始日から6日以上」というこれまでの最長日数に突入してしまいそうです。

やっと仲間と走れる 金沢マラソン当選 市民ランナー沿道と一体で |社会|石川のニュース|北國新聞