4/47☆GOROのラン生活☆

オジサンがフルマラソン全国制覇を目指してみます

菅平高原で走る③

覚悟を決めて坂道を登っていくとレタス畑の脇を通る平坦な地点に到達します。しばらく進むと1キロの距離表示がありました。手元のガーミンも震えて、ペースは5分ジャスト。いつものジョギングと全く同じですが、登り坂だったわりには頑張っています。この後、林の中を下って登ると2キロの距離表示。予定通り、そこで引き返して、給水のためにスタート地点に戻ります。その後、登りでペースダウン、下りでペースアップを繰り返しながら全部で5往復。20キロ走ってフィニッシュしました。極端にバテバテになった感じはなかったですが、そこからフルまで走るのは絶対無理、というしんどさがありました。高地の影響か、坂道のせいか、己の未熟さか、まあ、全部ですね。

f:id:BELLOGORO:20210803102052j:image

すごい登り坂を何度も頑張ったと思い込んでいたのですが、これ見ると高低差は思っていたほどありませんでした。

f:id:BELLOGORO:20210803102441j:image

しかし、老体にはかなりこたえた模様です。しんどかったのは事実ですが、ここまでの負荷とは感じておらず、少しびっくりしました。

f:id:BELLOGORO:20210803102932j:image

途中、1キロ表示から2キロ表示の間を、ガチっぼい集団が2班に分かれて往復を繰り返していました。それと、自分がラスト1往復になった時に首都圏の某大学の女子陸上部員がたくさん現れて、軽めにアップを始め、時に並走する形になりました。合宿中だったのでしょう。自分のゴール後、一団で走り込みを行ってました。

ということで、結局イーストコースでも、むしろガチ中のガチ勢に囲まれて、素人のオジサンの存在は違和感そのものだったと思います。が、走り出してしまってさえいれば、開き直れるものです😁無事、「夏に菅平を走る」ことができました。