4/47☆GOROのラン生活☆

オジサンがフルマラソン全国制覇を目指してみます

上州を走る⑥

公園での周回を終えた後は、赤城山の大沼を目指しました。先程のランニングで汗びっしょりですが、面倒くさいのでバスタオルを全身に巻いた状態で車に乗り込み、山道をクネクネとドライブしていきます。

f:id:BELLOGORO:20210814220254j:image

到着して、おのこ駐車場に車を停めると、涼しくてとても気持ちがいいです。例年の夏に比べれば人は少ないのでしょうが、観光客や登山客でそこそこ賑わっています。女子トイレには行列ができていました。

そのつもりで、着替えずにドライブしてきたのですから、軽ーく大沼湖畔をランニング。しかし、景色を眺めながら気持ちよく、とはなりませんでした。何しろ、ルートの大半が車道で、湖畔沿い区間はほんの僅か、さらにアップダウンありなのです。何人ものランナーがこのコースで高地トレーニングに励んでいましたが、自分は予定通り1周のみで撤退しました。車の量も多く、あまり安全なランニングコースとは思えませんでした。

f:id:BELLOGORO:20210814222514j:image

f:id:BELLOGORO:20210814222528j:image

駐車場からのランニングに最適な歩道(ごく僅かな距離)を、今度は徒歩で赤城神社へ。

f:id:BELLOGORO:20210814223050j:image

f:id:BELLOGORO:20210814223427j:image

赤城山の最高峰「黒檜山」は、雲の中で拝むことはできませんでしたが、神社には無事に参拝できました。

この日はホテルでの朝食バイキングを堪能したこともあり、特にグルメスポットを訪ねることもなく、そのまま帰路に着きました。空いた小腹は、関越道の駒寄PAの肉・舞茸天ぷらそばで満たしたのでした。

f:id:BELLOGORO:20210814225953j:image

以上、群馬県内でのランニング旅の報告でした。