4/47☆GOROのラン生活☆

オジサンがフルマラソン全国制覇を目指してみます

募集する以上

奈良マラソン(12/12)の一般エントリーが18日の20時から始まり、無事に定員に達したそうです。例年であれば熾烈なクリック合戦によって30分足らずで締め切りを迎えるのが、今回は2時間強かかったということです。定員が4000人削減されていますから、やはりマラソン大会が苦境にあることは否めないと感じます。ただ、日付けが変わってもエントリー可の状態すらあるかも、と心配していたので、そこは一安心です。なお、いつかは走ると決めている大会です(奈良県唯一の公認フルマラソン)が、自分は今回は見送りました。

奈良県は今回追加、延長される緊急事態宣言やまん防の指定地域とはなっていません。しかし、新型コロナのいわゆる感染者は連日、過去最高を更新しているような状況です。知事が何らかの施策の対象地域となるよう、国に働きかける可能性もあります。にもかかわらず、今回このタイミングで募集を開始し、1万6千円もの参加費を入金させたのですから、主催者は開催に向けて相当に強い決意で臨んでいなかったら嘘です。エントリーの延期や仮エントリーで後日入金という方法もあるのに、その形をあえて取らなかったのですから。「12月なら何とかなるだろう」というような希望的観測をエントリーしたランナーが持つのは当然ですが、主催者が持っていたとしたら最悪です。「やっぱりやりません」とか「オンラインに移行します」とかいうオチは、この時期に募集した奈良マラソンだけは絶対に許されないと思います。「他は全部ダメだったけど奈良だけはやったね」そんな年末になる覚悟が奈良マラソンの主催者にあると信じます。

www.nara-marathon.jp