4/47☆GOROのラン生活☆

オジサンがフルマラソン全国制覇を目指してみます

決戦は明日の正午?

大阪マラソン(2022/2/27)のエントリーが開始されます。こんな状況下ですのでエントリー時期の延期もあるのではと思っていましたが、予定通りのようです。びわ湖毎日と統合されましたから、どんなに状況が厳しくなってもエリートランナーのみに絞る形で大会そのものは開催されるのでしょう。

抽選となる一般ランナーの申し込みに先がけて、明日2日の12時から「市民アスリート」枠の申し込みとなります。定員1500人の先着順。これはとんでもなく熾烈なクリック合戦になるでしょう。市民アスリートとみなされる基準タイムが、超人気大会のわりに、かなり緩いように感じます。特に市民ランナーとして圧倒的にボリュームの厚い50代以上の基準タイムは、日常的にランニングやジョギングをしている方々は、ほぼほぼクリアしているでしょう。まして、そういう方々はコロナ禍でレースに飢えていますから、瞬間で埋まると予想します。

市民アスリート申込方法|第10回大阪マラソン

ということで、大阪マラソンへの「市民アスリート」枠でのエントリー予定者の方々に、明日の決戦に向けたエールを送りたいと思います。頑張ってください!

とはいえ、明日の決戦にもし敗れたとしても、一般枠からの当選確率は高いと思います。大会をレジャーと捉えているライト層は現状マラソン大会に前向きではないし、「とりあえず募集→やっぱり中止→返金は一部もしくは無し」の繰り返しに嫌気も蔓延しています。あの東京マラソンですら追加当選の連発ですから。

ちなみに、自分は年明けのレースとして大阪は考えていません。もちろん、いつかは走りたいです。マラソン不人気の今が大チャンスではありますが、コロナ以前のひしめくランナーと途切れない声援、そんな大会が戻ってくるまで、戻ると信じて、大都市の大会はしばらくエントリーを我慢しておきます。