4/47☆GOROのラン生活☆

オジサンがフルマラソン全国制覇を目指してみます

東京マラソンの賢明な判断を願う

本日、正式に開催可否が決定する東京マラソン。決定後はそれについての記事がランニング関係のブロガー様たちから溢れるでしょうから、今日は早めに投稿を。

大会の各種規約、特にコロナ関連の規約は、開催地の住民にむけて「これだけの対策をします、マラソン大会がきっかけでコロナが蔓延するようなことはありません」と説得して理解を得るためのものだと以前指摘しました。その点で、東京マラソンは自ら掲げた規約では中止が確定しているのに、それをアナウンスしないでずるずると引っ張っている、この段階でダメです。信用度ゼロです。想像するに、開催延期を決めた1年前には、翌年のこの時期(オリパラ後)に緊急事態宣言が発出されているなどと夢にも思っておらず、世間の理解を得るためのパフォーマンスとして、厳しめの規約にしてしまったのでしょう。結果、新型コロナウイルスの感染拡大により、大会開催1カ月前以降に緊急事態宣言が発せられている場合自治体からの開催自粛要請が発せられている場合には、大会は中止となります。」と自ら明記したのです。中止以外の選択肢があろうはずがありません。

ワクチンを含め様々な理屈をこねくり回して、万が一にも一転開催などとなったら、主催者は徹底的に批判され、大会参加予定者のみならず、マラソン愛好家はますます白い目でみられるようになるでしょう。規約は主催者と参加者、主催者と地域、参加者と地域の間の約束事なのですから。

コロナ禍でもバッシングを恐れずに大会を開催する主催者があっていいし、あってほしいです。しかし、自ら掲げた規約を反故にするような、だまし討ちをするような、主催者は存在してはならないのです。大丈夫だとは思いますが、東京マラソンの理事会とやらの賢明な判断を願います。

最後に。東京マラソンへの出場を渇望されているランナーの皆様、この記事が気に障ったらすみません、お詫びします。