4/47☆GOROのラン生活☆

オジサンがフルマラソン全国制覇を目指してみます

自分の立ち位置(行動制限)

こういう状況下で、開催を模索してくれている榛名湖マラソンの主催者を腐して、東京マラソンの中止を願い、全国のランナーから「ゼロコロナ脳かよ!」と大ブーイングの富山マラソンの主催者を称賛したため、誤解されているかもしれないので、あらためて。

私は、今回の感染症に対して「社会経済活動を一切縮小させる必要はない」と思っています。経済を止めたら感染が縮小し、経済を再開したら感染が拡大しているように見えているのは錯覚です。感染者の増減は波動です。対策なんてしてもしなくても増減をくり返すんです。増加期に(実は意味のない)なんちゃら宣言を出し、減少期にそれを解除するから、あたかも宣言の有無が増減にリンクしているように感じているだけなのです。だから、これまで通り、酒を飲み、唄を歌い、旅行に出かけ、マラソンを走ればいいんです。罹患者のほとんどが無症状である病を恐れるのはナンセンスです。違和感を感じた人のことを、全ての医療機関がすぐに対応・治療さえしてくれれば、それで大丈夫でしょ、こう考えています。あくまでもど素人の発想というか感覚ですので、「とんちんかんであればすみません」としか言いようがないのですが。

ですから、「コロナなど恐れるに足りません。経済効果の観点からもフルスペックのマラソン大会をやります!地域の皆さんも了承してください。もちろん責任はとります。」と、堂々と宣言して開催してくれるマラソン大会の主催者の登場を待ち望んでいます。弱気なコロナ用規約を掲げるから話がややこしくなるんです。掲げる以上は、それに縛られてしまいますから。

ということで、私は決して「コロナ脳」ではないことを、ここに宣言しておきます😜