4/47☆GOROのラン生活☆

オジサンがフルマラソン全国制覇を目指してみます

金沢マラソンの開催可否は?

フルマラソン翌日です。案の定、いろいろ痛いところだらけですが、やっぱり最も気が滅入るのは右足親指の付け根の状態です。また、通院したほうがいい気がしています😥

このブログを始めたきっかけが、マラソン大会の顛末記を備忘録として記録していくためなので、需要がなくても書き留めるつもりですが、今日はその前に。金沢マラソンの開催可否の決定日が近づいてきました。今月末が目途ということなのでぼちぼちでしょう。

公認フルマラソンの再開第1号は昨日の榛名湖マラソン定員2000人→エントリー567人→参加自粛要請→参加者246人)。第2号は10/17の大町アルプスマラソン(定員フル600人・ハーフ600人・3キロ400人でフル・ハーフは定員満たしている)の予定で、ナンバーカードやチップ等は発送・到着済みとのこと。そして、開催されるなら第3号が10/31の金沢マラソンですが、ローカル小規模大会はともかく、定員10000人の都市型マラソンに対して、本当にGOサインが出せるでしょうか。11/3のぐんまマラソンと11/7の富山マラソンが開催に一歩も引かない構えなので(陰性証明やワクチン接種に対する考え方は正反対ですが)、金沢も負けていられないという判断をするか?もともと「だめならオンラインに移行」という卑怯な伏線を張っているので、結局そこに逃げ込むのか?

金沢マラソン2021|「金沢マラソン2021」開催の判断について

昨日の榛名湖マラソンに出てわかったのは、というか予想通りではあるのですが、自治体主催の大会は、最終的には当該地域の首長が腹をくくるかどうかなんですよね。石川県知事、金沢市長は腹をくくるでしょうか?少なくとも、懸案の石川県へのまん防措置適用は解除でしょうから、目に見える形での障害はなくなるはずですが、果たして。