4/47☆GOROのラン生活☆

オジサンがフルマラソン全国制覇を目指してみます

湘南国際の不人気に思う③

湘南国際マラソンが掲げる基本コンセプトについて、自分にはどうにも合点がいかないことをディスってまいりました。

①検体持ち込みのPCR検査が必須な件

②ワクチン2回接種済みが必須な件

③マイボトル・マイカップ持参で走る件

これら個別的な件と、トータル的に「俺たちにしかコロナ禍での開催は無理だ、俺たちの考え方が正しい、他の大会もやがて俺たちを見習うようになる」的な発信がとてもとても気に障っています。

「気に障るなら出なきゃいい、黙ってろ!」と、皆さまからお叱りを受けるかもしれません。しかし、湘南国際が一方的に「俺らのやり方が今後のマラソン大会の姿だ」と言い切る以上、一市民ランナーとして「それは違う、それを受け入れられないランナーもいる」と反論しておかなければいけないので、黙っていられないのです。過去は公認大会でしたが、現在は非公認なので、自分が湘南国際マラソンに出ることは無いはずです(ここまで喧嘩売った以上)。神奈川県は公認大会がないので、全国制覇のためには、いつか横浜マラソンを狙うことになるでしょう。しかし、その頃、本当に世の中のマラソン大会が湘南国際方式になっていたら...その時は全力でお詫びして、湘南国際様にエントリーさせていただきます。一方、湘南国際がマイボトルランを撤回したら、高らかに勝利宣言してエントリーさせていただきます。まぁ、それは無いでしょうが😜

なお、一連のブログ記事は主催者に対して思うところであって、湘南国際にエントリー済みの1万人超のランナーの皆さんに物申した訳ではございません。無事の開催と、当日のご健闘をお祈りします。私は、その日は高知でハッスルさせていただく予定です😉