4/47☆GOROのラン生活☆

オジサンがフルマラソン全国制覇を目指してみます

蓼科ラン②

蓼科クロカンコース脇の駐車場に到着し、コース入口の係の方に「飛び入りお願いできますか」と尋ねると、「大丈夫です」とのこと。氏名を記入し、検温を済ませると、チップ付きのゼッケンを貰うことができました。ハーフの部と10キロの部の選択については、迷わず10キロを希望。一応、フルマラソン1週間前なので、許してください😝

f:id:BELLOGORO:20211024175459j:image

看板を用いて今日のコースの説明を受けました。全長1.5キロの赤色コースを利用し、最初に半端な1キロを走り、その後6周で10キロです。計測会ですので、個々にタイムを計ってもらう形式ですので、基本的にぼっちランとなります。

車に戻って準備を済ませて、コースに入ると、計測担当の方がフィニッシュラインから少し離れたスタート位置まで案内してくれます。そして、申告したスタート時間まで3分前から丁寧にカウントダウンしていただき、いざスタートです。

f:id:BELLOGORO:20211024182536j:image

f:id:BELLOGORO:20211024182650j:image

f:id:BELLOGORO:20211024182722j:image

f:id:BELLOGORO:20211024182946j:image

さて、肝心のランですが、タイム的にはダメダメで、想定通り走れませんでした。上り坂ではスピードが出ないし、何より土に足を取られて終始ぐらつきながらのランニング。スタート直後はそれなりのペースで飛ばしていきましたが、どんどんぐらつきが増していきます。「捻挫したらどうしよう」という不安から、ペースを上げるべき下りでもおっかなびっくり走に。心肺的にめちゃめちゃ苦しい訳では無いのに、なかなかスピードが上がらずもどかしかったです。もちろん、こうなるのは基本的な走力や体幹が鍛えられてないからであって、コースのせいではありません。このクロカンコースは一昨年のビーナスマラソンの時に一部走ったことはあるのですが、もう記憶の彼方でした。土のコースってこんなに走りにくいんですねぇ…勉強になりました。

ゴール(ゴールテープのサービス付き)すると、ドリンクとともに記録証を頂けました。42分以内にはまとめたいと思っていたのですが、なんとプラス1分もかかっていました...。

f:id:BELLOGORO:20211025094054j:image

f:id:BELLOGORO:20211024193136j:image

ブログに載せるには勇気がいるほど低調な記録ですが😅、まぁ低地のロードならもう少し走れるはず、と自分を慰めておきます。ここでの練習会に参加された、とあるランナー様のブログにも、このコースのラップは「平地+20秒」と記されていたので、それをちゃっかりと真に受けさせていただきます(続く)。