4/47☆GOROのラン生活☆

オジサンがフルマラソン全国制覇を目指してみます

金沢マラソン顛末記②

<序盤:スタート~13キロ>

8:30からの簡単なセレモニー(声だけ聞こえました)の後、8:35に号砲が鳴りました。第1ウェーブ(A~Lブロック)が一斉スタートです。10分後には第2ウェーブ(M~Vブロック)がスタートしたはずです。ガーミンのスタートボタンは押しましたが、しばらくはその場足踏み。着用していたマスクについて「もう外してもいいよ」というアナウンスがなかったため、このタイミングで外してポケットにしまいました。少しずつ前が動き始め、ゆるゆると前進していくとようやくスタート台が見えました。野口みずきさんに一方的に手を振って😝ここから42.195キロです。その時は確認しませんでしたが、記録証によるとスタート地点通過タイムは1'09でした。

道いっぱいに広がって大勢のランナーが走りはじめます。自然とピッチが上がりそうになるので、道路の左端に寄って、とにかく気負わずゆったり走ることを心掛けました。昨日訪れた兼六園金沢城公園の間の道路を下っていくと、早くも路肩で足を抱え込んでいる人を発見。あの後あのランナーさんは無事完走できたのでしょうか😨1キロのラップタイムが5分ちょいでした。距離も時間もスタートロスがあるので、大雑把にすらペースが掴めません。2キロのラップが4'34でしたので、「このくらいで気持ちよく走れているなら御の字だ。このままの感じで行こう」と思うことができました。金沢駅前の着物のお姉さまたち(動員お疲れ様です)の前を折り返し、近江町市場の前や香林坊(長町武家屋敷の最寄)を通過すると、中心街から徐々に街はずれの方向に進んでいきます。5キロ手前から緩く上り坂になりますが、そこは気持ち程度。10キロ手前からはキツさはないけれど、確かに上っている感覚の上り坂になり、沿道にも「コース最高地点まであと〇〇メートル!」という看板が見えます。しかし、こんな序盤で最高地点とは、なんて幸せなコースでしょう。1か月前の榛名湖マラソンを思い出しながら、そう感じていました。

f:id:BELLOGORO:20211104152953j:image

f:id:BELLOGORO:20211104152825j:image

f:id:BELLOGORO:20211104152831j:image

ここまで、およそキロ4'30前後で走ってこれました。胃腸の不快感もほとんど感じられません。このまま、いろいろな意味で逆噴射😜しないで行きたい!そんな序盤でした(続く)。