4/47☆GOROのラン生活☆

オジサンがフルマラソン全国制覇を目指してみます

金沢マラソン顛末記④

<終盤:29キロ~ゴール>

実は下り坂による魔法がかかっていただけなのに、「このままゴールまでいけるかも」と調子に乗って走っていたツケは終盤に現れました。30キロ地点では元気でしたが、残り10キロの辺りから「ここから10キロか、しんどいなぁ」とキツさを感じ始めてしまいます。序盤に東口を通過した金沢駅の、今度は西口を通過して35キロ。ここからは笑顔が作れなくなりました。「しまった、調子に乗りすぎた😓」周りのランナーもバテバテで皆ペースが落ちているために、後ろから抜かれているわけでもないのに、ラップタイムはだだ下がりです。スタートロスにGPSの誤差も加わり、自分のガーミンは500メートルも手前でラップを知らせてくるから、さらに残りの距離が長く感じられました。フィニッシュ会場が近づいてくると、さすがにラストスパート組に交わされ、僅かな悔しさを感じながらゴール。ゴール前の競技場内の直線は涼しい顔で余裕をもって駆け抜けるつもりだった😜ので、ちょっと残念でした。が、ともかく無事に完走です。

f:id:BELLOGORO:20211105162442p:image

f:id:BELLOGORO:20211104170537j:image

f:id:BELLOGORO:20211104170549j:image

体感では、ラストはキロ5分以上かかっているのではないかというヘロヘロ状態でしたが、何とか4'40程度までにペースダウンを食い止められていたようです。トータル的には、天気やコースのおかげで、まったく想定していなかった走破タイムで驚きました。胃腸の不調が走りには影響しなかったことにも救われました(続く)。