4/47☆GOROのラン生活☆

オジサンがフルマラソン全国制覇を目指してみます

2021-2022シーズンのプラン③

都道府県でフルマラソン(原則として陸連公認大会)を走破する目標に向けてのプラン第一弾。

7月初旬の時点では、年内の参戦大会は以下のように考えていました。

10/31 金沢マラソン(石川県):エントリー完了、抽選結果待ち

10/17 長井マラソン山形県):金沢マラソンが落選なら即エントリー予定

11/28 黒部名水マラソン富山県):エントリー完了状態で5月から延期

7月中旬に金沢が当選したので、一度は以下のような予定で確定しました。

10/17 長井マラソン山形県:来年以降、必ず参戦!

10/31 金沢マラソン(石川県):当選及び入金完了

11/28 黒部名水マラソン富山県):エントリー完了状態で5月から延期

しかし、その後コロナの状況も含めて紆余曲折がありました。

<その1>9/26の榛名湖マラソン群馬県)への参加を決める。

<その2>コロナ第5波で榛名湖、金沢の開催は無いと考え、長井にエントリー。

<その3>開催確定後に入金という仕組みの黒部名水は、簡単に開催中止を判断する可能性が高いと判断。保険で同日の富士山マラソン山梨県)にエントリー。

<その4>予想に反して、長井の中止が決定する。

<その5>案の定、よくわからない経緯と理由で黒部名水の中止が決定する。

<その6>榛名湖が緊急事態宣言下で開催。

<その7>絶望視していた金沢が開催に至る。

ということで、今日現在は以下のようになっています。

  9/26 榛名湖マラソン群馬県):開催・完走済み(1/47)

10/17 長井マラソン山形県:中止

10/31 金沢マラソン(石川県):開催・完走済み(2/47)

11/28 黒部名水マラソン富山県:中止

11/28 富士山マラソン山梨県):開催の方向

現状、富士山は開催の方向なので、そこに向けて準備をしているところです。同時に、2021-2022の後半戦、年明け1月からのプランも検討し、エントリーも進めているところですので、後日掲載したいと思います。