4/47☆GOROのラン生活☆

オジサンがフルマラソン全国制覇を目指してみます

富士山マラソン顛末記③

<中盤:21キロ~34キロ 西湖エリア>

ハーフの通過が1時間36分弱(だった模様、ゴール後確認)。さしたる走力もないのに生意気ですが、楽してますねぇ😜さあ、コースは河口湖から西湖方面に折れて、いよいよ激坂です。上り始める直前の沿道で瀬古氏を発見。ガチ勢を見送り一息ついていたっぽく😁無言だったので、こちらから「お疲れ様でーす」と呼びかけると「おー、頑張れー!」と返してもらえました。ミーハーとしてはこれで十分満足です。で、問題の坂ですが...。確かに急坂でした。もちろん、ペースも落ちました。ただ、苦しいから上れない、というより坂だから上れない、って何言ってるか意味不明ですが、まあたいしたことはあるけど、とんでもない巨大な壁モンスターとも思いませんでした。榛名湖ではあのくらいの勾配と距離の坂を5回も上らされましたから。などと、偉そうですが、ラップはちゃっかりキロ5:36を叩いています。懸命に駆け上がろうとしなかったから、その先で、この坂が堪えることはなかったって感じですね。

坂を上り終えて西湖畔まで来ると途端に気が楽になります。もうやっかいな上り坂はないし、あとで上った分をまるまる下れるというご褒美が用意されてるのです。ということで、さらに気分を良くして西湖を周回していきました。ペースはさほど上がりませんが、その分だけ余力は感じられていました。あいかわらず先行しているランナーを追い抜いていけています。30キロを過ぎても元気。残り10キロ地点でも大丈夫そう。西湖のうねうねした湖畔道路を、できるだけ真っすぐ走るように足を進めていきました。

f:id:BELLOGORO:20211202160342j:image

f:id:BELLOGORO:20211202160356j:image

31キロから32キロまでのラップだけずいぶん速くなっています。残り10キロということでテンションが上がったのでしょうか?緩やかにずっと下っていたからでしょうか?ガーミンのGPSバグでしょうか?その後のラップがずどんと落ち込んでいますから、バグっぽいですね。このあと、ご褒美の下り坂です(続く)。