4/47☆GOROのラン生活☆

オジサンがフルマラソン全国制覇を目指してみます

富士山マラソン顛末記⑦

<総括>

まずは今回も、こうした状況下で開催していただき、ありがとうございました。もともと11/28は5/23に開催予定だった黒部名水マラソンがこの日に延期され開催されるはずでした。今年の年明けすぐにエントリーし、延期が決まった時も再エントリーをして黒部を走る気満々だったのですが、途中から黒部の動向に疑問を抱くようになり、保険のために富士山マラソンにもエントリーしたことが奏功しました。ダブルエントリーなんてイケない行為だとはわかっていますが、この状況下ゆえに許してください。案の定、予感は的中し、黒部はコロナ第5波の真っ只中で追加募集をし、それが収まってきたところで中止を決定するという意味不明な運営。対して富士山は、開催基準、開催判断日などを募集時から明記し、一貫して開催前提の発信を続けてくれました。やはり、こういう時期ですから主催者からの情報発信はとても大事だと思います。情報発信が滞ると、「中止発表のタイミングを計っているんじゃないか」と勘ぐってしまいます。まあ、富士山は主催にアールビーズが絡んでいるから、よほどのことがない限り開催しますよね。平時だろうが緊急時だろうが、世の中の市民ランナーからお金を採れるだけ採ろうというのがあからさまなアールビーズですからね😛

と、話がずれて、またぞろイヤミ満載になりかけてしまいましたが、大勢の関係者、ボランティアの方々には感謝です。金沢マラソンと比べてしまうと、サービス度、快適度、おもてなし度、運営のきっちり度など見劣りしますが、開催自治体の規模が違うのですから、それはやむを得ないことでしょう。なんといっても、雄大な富士山パワー。快晴かつ微風の下、それを存分に感じられて幸せでした。

さて、自身の成績ですが、満足しています。無理せず、ばてず、これくらいのタイムで帰ってこれて御の字です。コースは金沢より圧倒的にタフ、というか走りにくかったですから。今後も、このあたりが上出来ラインだと思って、走っていこうと思います。

f:id:BELLOGORO:20211206114126j:image

f:id:BELLOGORO:20211206114159j:plain

今回も気分よく順位を上げていけました♪

そういえば、これが40歳代最後の大会でした😅年が明けると、とうとう50歳。「老い」のスピードを緩めるためにも、ラン生活頑張らねば、ほどほどに。

最後に。前夜に激励くださったハッサクさん、ありがとうございました。故障もあり全開とはいかないでしょうが、まずは青太、頑張ってください!それから、果敢に記録に挑まれたりるさん、ナイスランでした!次走で大願成就されることと思います。またどこかのレースで同じ時間を過ごせたら光栄です。

以上、公認フル大会3戦目の顛末記でした。残り44レースです!