4/47☆GOROのラン生活☆

オジサンがフルマラソン全国制覇を目指してみます

マラソンバブル崩壊

あくまでも未確認情報なのですが、今日エントリーが〆切のかすみがうらマラソン、定員の半分程度しか申し込みがないとのこと。同日開催で人気の長野マラソンが結局定員を満たせなかったために、厳しいだろうとは思っていましたが、ここまでとは思いませんでした。もともと先着順受付の大会だったけれど、今回は開催可否決定→抽選結果発表→入金というコロナ対応仕様のため、なんちゃってエントリーも多数いるはずなのにこの状況です。やはり、人々のマラソン大会への参加熱は急速に冷え込んできているのは間違いありません。これはコロナ禍の一過性のものなのか、マラソンバブルの崩壊なのか。自分には、どうしても一過性のものとは思えません。コロナを契機に何かが変わってしまった気がします。存続を諦める大会が続出するのが心配です。

想定より全然人が集まらない大会。主催者はここでのコロナ感染拡大に胸をなでおろしているでしょう。それを理由として大会中止にすれば、過疎大会開催による大幅赤字を免れるからです。かすみがうらは開催が4月ですが、開催可否決定は2/4。当然、高らかに中止を宣言すると思われます。「抽選無しで全員当選」という恥ずかしいアナウンスもしなくて済みます。もう一つは湘南国際マラソン。基本コンセプトにどうしても共感できず、ずっと自分はこの大会を腐してきています。こちらも参加者が集まらず、二次エントリーを経て、現在はレイト・エントリーを受付中。このままでは赤字確定なので、喜んで中止にするでしょう。「コロナ禍に希望」などど銘打って、いかなる状況でも安全安心な大会を開催するためにあえて「ワクチン接種義務」と「PCR検査義務」を課すのだと言っておきながら、結局中止にしたら詐欺ですね。他の大会の中止とは意味合いが違います。

前回の記事で、今年は文句を言わないと宣言しておきながら、結局腐す内容になってしまいました😛それくらい、湘南国際には「思うところがある」ということで、お許しください。