4/47☆GOROのラン生活☆

オジサンがフルマラソン全国制覇を目指してみます

ランナーズフルマラソンチャレンジ(in大阪)顛末記⓪

2月11日。ランナーズフルマラソンチャレンジ大阪府)に参加してきました。通算で5回目のフルマラソンで、公認大会は4回目です。1月、2月は香川→高知と日本地図に色を塗るつもりが、コロナ第6波ってやつで大会は立て続けに中止。何とかしたくて、すがりついたのが1月下旬までレイトエントリーを受け付けていた(つまり当初は全然参加者が集まっていなかった、最終的にも定員1000人の半分も満たさなかった)この大会でした。

f:id:BELLOGORO:20220214114329j:plain

今日現在、大阪マラソン東京マラソンの両巨頭が開催予定の方向です。私は「コロナ恐れるに足らず」派ですし、なんでもかんでも自粛と中止を求める、いわゆるコロナ脳の方々との論戦もウェルカムです。とはいえ、今の大阪や東京の状況がまともじゃないのは確かですし、ここで脆弱な医療体制や僅少の検査資源をマラソン大会参加者に割愛すること、市中を何時間にもわたって交通規制することは「間違いだ」との主張も理解できなくはないです。ですので、まず、今回参加した大会は大阪の医療体制に迷惑をかけていない(はず)ですし、検査キットも使われてないし、交通規制も行われていませんよ、ということを強調しておきたいと思います。そのうえで、いつものような旅行記メインではない簡素な報告にとどめます。なお、「こういう時に県境を越える移動自体をするな」とかいう阿保みたいな指摘には付き合いきれません。物流の何たるかもわからないおバカさんには自宅に引きこもって自給自足の生活を頑張ってもらうしかないです。それから、「虎の威を借る」わけではありませんが、山中伸弥先生も走っておられました。やはりレイトエントリーだったようですが、別大あたりを弾かれてしまったのでしょうか?山中先生がマラソンに参加されることは全くもって珍しいことではありませんが、専門外とはいえ、新型コロナについても積極的に情報発信をされている先生が、この時期のこの大会に堂々と参加されていたという事実もお伝えしておきます。

さて、コロナはさておき今回途方にくれたのは、実は前日の大雪でした。祝日の開催ゆえに大阪への移動が前日の平日で、当然出勤日。普段ならそんな必要は全くないのに田舎の地方空港からあえて夜に空路で関西圏に向かう計画を立てていたのです。夕方近くに往路便の欠航が決まり(これで航空券+ホテルのツアー自体が全キャンセル)、代替として考えていた鉄道も西に向かう特急は全て運休。諦めようかとも思いましたが、とりあえず吹雪の中を自家用車で進み、名古屋行きの高速バスをキャッチ。渋滞の中、22時過ぎになんとか名古屋駅まではたどり着きました。駅周辺の安宿にチェックインし、コンビニおにぎりで夕食、ぎりぎり日付が変わる前に就寝できました。翌日、始発の新幹線に乗ればスタートには間に合うはずです。

とまあ、こんな感じでバッタバタの前夜だったのでした...(続く)。