4/47☆GOROのラン生活☆

オジサンがフルマラソン全国制覇を目指してみます

ランナーズフルマラソンチャレンジ(in大阪)顛末記①

<スタート~前半>

大会当日の朝は、名古屋から始発の新幹線に乗車。会場が新大阪の駅から徒歩圏内ということもあり、スタートの1時間ちょい前には会場入りできました。

f:id:BELLOGORO:20220216152212j:image

淀川沿いの5キロをひたすら往復するコース。名所や街並みを愛でたり、沿道の方々に笑顔を振りまくレースではないので、今回は3時間のペーサーについて行ってみようと思っていました。ペーサーの設定は30キロまで。とりあえず、何とかそこまでは頑張ってみようと。これまでのフルマラソン4回はせいぜい3.5時間ペースでたらたらと序盤を走り始めていますから、自分にとっては一大決心です。

自分の第2ウェーブは9:02にスタートしました。ペーサーは3時間と3時間15分で配置されていました。ランナーは決して多くないのですが、どうしてもペーサーの後ろに集中するので、前後左右の方と交錯したり、突然目の前に現れるコーンをひっかけそうになったりという瞬間はありました。それでも、人込みを縫って走るような必要はもちろんありませんでした。

天気はいいし、暑くも寒くもない、そしてほとんど風がない。何より、何も考えず、ただただペーサーについていくだけなので、とりあえずハーフまでは無難に走ることができました。

f:id:BELLOGORO:20220216152723j:plain
f:id:BELLOGORO:20220216152739j:plain

ひとつだけ、ストレスというか負担に感じていたことは折り返しの場面。自分の走力と技量が無いせいで、折り返し直後にぐいーんとペーサーとその集団から離されてしまうのです。そこでいちいち無理して前に追いつくので、「これけっこう堪えているなぁ、やだなぁ」とその度に感じていました(続く)。